エンタメ

鬼滅の刃の無限城のモデル旅館はどこ?福島の大川荘や長野のそっくりな場所を紹介!

Pocket

こんにちは!

今回は鬼滅の刃の無限城のモデル旅館はどこ?福島の大川荘や長野のそっくりな場所を紹介していきます。

大人気の「鬼滅の刃」ですが2021年2月時点で単行本については累計発行部数(全23巻)で1億5000万部を突破したそうです。

さらに「劇場版鬼滅の刃 無限列車編」に続き、アニメで「遊郭編」の放送も決定していますし、次の続編も期待しちゃいますね!

そんな鬼滅の刃に出てくる鬼の始祖「鬼舞辻無惨」の根城、無限城のモデルになったのではないかと思うほどそっくりな旅館があります。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、福島県にある大川荘です。

また、そこだけではなく長野県の古民家を改修して旅館となっている場所についても紹介していきます。

場所や宿泊料金などについても紹介していきますので最後までご覧ください。

 

鬼滅の刃の無限城のモデル旅館は福島の大川荘?

上のツイッターを見てもらうとわかるように「鳴女」(なきめ)が琵琶を引くシーンが印象的な浮き舞台がありました!

本当に無限城のモデルなのでしょうか?

 

鬼滅の刃の無限城とは?

無限城とは鬼の始祖「鬼舞辻無惨」の根城でもあり、上弦の参、童磨と戦うシーンや「半天狗」(はんてんぐ)に代わり「上弦の肆」となった「鳴女」(なきめ)が琵琶を引くシーンが印象的な場面でもあります。

単行本では産屋敷家に来てから物語完結までの16巻137話〜23巻205話が無限城編となっています。

鬼舞辻無惨が下弦の鬼を集めてパワハラ会議をした場所としても有名ですね!

 

「鬼滅の刃」原画展にも出現!?

2021年10月26日(火)から12月12日まで六本木ヒルズ森タワー52階で「鬼滅の刃」吾峠呼世晴 原画展が開催されています。

ただし、既にチケットは完売しているので、当日券があれば入れるようです。

特別章–(陰)無限城顕現として入場から4番目のギャラリーになっています。

こちらの無限城は撮影OKになっているため、写真を撮影しているツイッターが多くみられますね!

大川荘は無限城のモデルなのか?

大川荘によると「そのような事実はない」とSNSでコメントしているようです。

また、公式ファンブックに載っている聖地とファンが似ているということで聖地としているものもあります。

こちらはおそらく後者です。

ただ、非常に雰囲気が似ていますよね。吾峠呼世晴さんはもしかしたらここからインスピレーションを受けて無限城を描いたかもしれませんね!

 

無限城のモデル旅館”大川荘”はどこにある?

無限城のモデルとなった?旅館の大川荘は福島県 会津若松市にあります。

〒969-5147
福島県会津若松市 大戸町大字芦ノ牧字下平984
TEL:0242-92-2111(代) 電話受付時間 8:00~20:00

入浴のみや日帰りプランもあって無料送迎もあるので便利です。

大川荘 公式ホームページ

 

鬼滅の刃の無限城そっくりな場所が長野にある?

福島県の大川荘以外にも無限城そっくりな場所がありました。

それは長野県長野市にある”ホシナサトマチ”です。

ただ、無限城にそっくりだったのは改修工事の現場のようで、今は改修工事が終わり田舎版の複合施設として運営されています。

ここも旅館のような大正時代を彷彿とさせる宿泊施設があり、他にもアートギャラリーやグランピングもできちゃうようです。

 

ホシナサトマチはどこにある?

電話番号026-285-0282
営業時間11:00~
定休日 木曜定休日(臨時休業あり)※ 祝日の場合は営業

公式サイト

鬼滅の刃の無限城そっくりな3D映像

このツイッターの写真ですが、なんと模型です!!

しかも小学校6年生が制作したものだそうです。

小学6年生の男の子は、コロナの休校期間にたった3日間で作ったそうです。

小学3年生の終わりくらいからプログラム教室に通って覚えたようで、平面で鬼滅の絵を書きたかったようですが、背景を書くのが大変という理由から3Dで作ろうと思ったようです。

私、いや他の誰から見てもこの3Dの方が大変そうですよね。

お父さんのツイートがこちら

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は鬼滅の刃の無限城のモデル旅館はどこ?福島の大川荘や長野のそっくりな場所を紹介していきました。

福島県の大川荘はほんとにイメージというか空間認識がそっくりで無限城のモデル旅館として聖地認定されていてもいいほどでしたね!

私も思い返してみると鬼滅の刃が世に出る前に行った事がありました!

鬼滅の刃を見た後に思い返してもう一回行ってみたい!

そして、長野県にあるホシナサトマチも改修工事中の画像はそっくりでした。

ただ、今は改修工事が完了して田舎版複合施設になっています。

宿泊施設やアートギャラリー、今流行りのグランピングまでできちゃいます。

こちらも一度は行ってみたいです!

最後までご覧いただきありがとうございました。